安い!名古屋のオールセラミック

名古屋でオールセラミック治療の費用が安い審美歯科についての

奥歯もセラミックにする人が増えている

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516120925j:plain

奥歯が虫歯になった場合、あまり深く考えずに銀歯を入れてもらう人も少なくありません。

銀歯は保険適用で治療費が安いのがメリットといえますが、口の中に銀歯があるとコンプレックスに感じてしまう可能性があります。

 

奥歯もセラミックにする人が増えている

現在は、差し歯でも使用されることの多いセラミックを奥歯に詰めてもらう方が増えています。天然の歯のように白く美しいため、銀歯にコンプレックスを持っている方にはとてもおすすめです。

セラミックにもいくつか種類がありますが、オールセラミッククラウンは最も美しい被せものといえるでしょう。ただ、奥歯は負担がかかりやすいため、通常のオールセラミックの場合は割れてしまうリスクがあります。

このようなリスクを避けたい場合は、ジルコニアというセラミッククラウンを選択するのがおすすめです。

ジルコニアセラミッククラウン

通常のオールセラミックよりも強度があるので、奥歯の詰め物としても安心して使用できます。審美治療は値段が高くなるのが難点といえますが、ジャパンデンタルフロンティアと提携している歯科クリニックならとても安い値段で奥歯もジルコニアにしてもらうことが可能です。名古屋のクリニックですので、愛知県内からでも通えそうな方は検討してみることをおすすめします。

奥歯を差し歯にしなければいけなくなってしまった時、値段のことで不安になってしまう人はとても多いです。差し歯の治療費を少なくするため、保険適用の方法を選択する人もいらっしゃるのですが、実はあまり良い方法とは言えません。

レジン製の義歯

保険が適用される差し歯というと、レジン製の義歯が使用されます。

レジン製ということは、簡単に言ってしまえばプラスチックですので、天然の歯のようには見えず、明らかに義歯であることがわかるような見た目になります。また、非常に変色しやすいといった難点があり、メンテナンスにお金がかかるところがネックです。

こうした問題がありますから、治療するならセラミックを選択したほうがいいです。

虫歯で奥歯を抜き、差し歯にしなければいけなくなってしまったとか、何らかの理由で差し歯にする人は結構多いですが、通常の治療とは違い値段が高くなってしまうところがネックでしょう。

保険が適用される方法でしたら、治療費の負担額を減らすこともできるのですが、その場合はプラスチック製の差し歯が使われるケースが多く、問題点が色々と出てくるようになります。

奥歯は人に見えにくい場所ではあるのですが、やはり口を大きくあけて笑った瞬間などには見えやすいので、プラスチック製の差し歯はおすすめできません。この他にもいろんな問題があるので、治療をするならセラミックがベストです。

 

セラミックは保険適用外

セラミックは保険がきかないので、通常の歯科クリニックで治療を受けてしまうと、値段がとても高くなります。しかし、JDFのように格安でセラミックの治療を提供しているクリニックを選ぶと、非常にお得な治療が受けられるようになりますからおすすめです。

値段が安くても、JDFのセラミックは品質が良いです。技術料は一律たったの25,000円で、何本治療してもこの金額は変わらないので、お得にセラミックにできるJDFを検討してみることをおすすめします。

ceramic-white.com