安い!名古屋のオールセラミック

名古屋でオールセラミック治療の費用が安い審美歯科についての

差し歯の寿命

前歯の大切さは、人からの印象などもありやはり清潔な自分の歯を守ると言った部分で考えるととても重要となります。

しかしやむ終えず前歯を差し歯にすると言った人も少なくない状況であり、折れてしまったり虫歯になってしまうと言った状況で大人の歯を失えば自ずと差し歯にしなければいけない状況となります。

差し歯の寿命

差し歯がどの位寿命があるのかを考えて見れば、平均的に10年程度の物となってしまいます。

セラミック素材やジルコニアであれば10年以上持つものもありますが、やはりそれでも寿命が来ると入れ替えなければいけないと言った状況となる為、差し歯にしたから一生それで手入れをすればよいと言った状況ともなりません。

金属製のものは金属の劣化やプラスチック製のものであれば変色と言った差し歯の寿命を迎える事が考えられます。

それぞれコストの高いものから色々とその寿命を長くする事が出来るなど、コストを考えながら手入れなどから少しでも長いスパンで差し歯を持たせる事も考えられます。

まずはそう言った事を踏まえながら、どんな歯を入れていくのかなど保険治療が出来ないセラミックやジルコニアなどはそれぞれ寿命は長くコストはかかりますがしっかりとした歯を入れる事が出来ます。

前歯の印象

前歯は少し口を開いただけで見えてしまいその人の第一印象を大きく変えてしまう大事な部分です。

一般的には前歯は真ん中から3番目の犬歯までのことをいいますが、口を開いた時に見える上下12本の歯は特に綺麗にしておく必要があります。

前歯が虫歯や欠けてしまったときに行う治療法の1つに差し歯があります。差し歯とは虫歯や欠けてしまった部分を削って、汚れなどをとった綺麗にした歯の根元に金属やプラスチック等の土台を入れてそこに人工の歯(クラウン)を被せる方法です。

差しには金属、硬質レジン、セラミック、ジルコニアなど色々な材料があります。

それぞれに寿命が違っていて金属・硬質レジンはたった数年で歯の変色や歯茎の黒ずみが見られます。

セラミック・ジルコニアの寿命は10年ほどが平均とされていますが、それ以上もつこともよくあります。またセラミック素材は変色を起こさないため、差し歯の寿命を延ばす方法として予算に余裕があればオールセラミックにすることが一番でしょう。

オールセラミック

オールセラミックは汚れがつきにくいだけでなく変色もしにくいです。それに見た目にも本物の歯と変わらない色合いや質感が出せます。

他にはプラークコントロールを徹底することです。差し歯にしたからといって歯磨きをおろそかにすれば土台は自分の歯でできているので歯周病などで結果的に差し歯の寿命を短くしてしまいます。あとは歯に負担のかかる行為も厳禁です。

変な噛み癖はできるだけしないようにして歯ぎしり対策として寝る時はマウスピースをするといいです。

虫歯になった前歯

虫歯になった前歯を保険の差し歯にする方はとても多いですが、経年劣化による着色が目立って汚く見えてしまう点が難点といえるでしょう。

治療費をできるだけ抑えて綺麗な差し歯を作ってもらいたい場合は、ジャパンデンタルフロンティアについて調べてみることをおすすめします。

ジャパンデンタルフロンティア(JDF)はセラミックのような審美治療で使われる人工歯をクリニックに提供しています。

現在、審美歯科はとても多いですが、セラミック治療は高額になりやすいため敬遠している方は少なくないでしょう。JDFは業界随一の安い値段でセラミックをクリニックに提供しているので治療費がとてもお得になります。

JDFの提携クリニックは現在東京、大阪、名古屋にあります。交通費を考慮しても経済的負担を軽くしながら憧れのオールセラミックにすることができます。また、奥歯の詰め物にジルコニアを選択する方も増えています。

ジルコニアはセラミックの中でも強度がある歯なので、奥歯のクラウンとして使用しても破損するリスクは低く、安心して使用していくことが可能です。

セラミックの審美的な寿命はとても長く、しっかりとメンテナンスを続けていけば、まるで天然の歯のように生涯快適に使っていくことができるでしょう。