安い!名古屋のオールセラミック

名古屋でオールセラミック治療の費用が安い審美歯科についての

芸能人のような真っ白で美しい歯にする

前歯を差し歯にするなら、審美性・耐久性に優れたセラミックをおすすめします。歯のコンプレックスというのは、そのままにしておいて解決しません。解決させるためには、美しく整えるしかないのです。

 

出っ歯、着色、歯並びなどのコンプレックス

出っ歯、着色、歯並びなどのコンプレックスは、オールセラミックによる差し歯ですべて解決できます。自費診療は高額になるものですが、今はセラミックの治療が安くなってきています。

JDFという審美歯科は特に安く、1本47,000円という格安を実現しているのです。歯列矯正には時間がかかるし、金属歯はアレルギーが心配になるなど、保険治療で解決できない問題もOKです。

 

セラミック差し歯にすることで、生活の質が一気に向上するでしょう。食事が美味しくなるだけでなく、美意識も確実に高まるはずです。最初は二重施術や鼻整形を考える方が少なくありませんが、美容整形で一番コスパのよいのは口元の施術だと言われています。

口元を治すことで一気に容姿が変わりますから、最初に治療をするなら歯と考えておきましょう。差し歯は一生にわたって使うものだからこそ、安さよりもコスパで選びたいものです。多少高額でも長く使えるなら、結果的に安くなるわけです。JDFのセラミックは100%陶器なので、金属が溶け出す心配はありません。

 

前歯は見た目の印象を大きく変える

前歯は見た目の印象を大きく変えます。前歯が欠けていたり虫歯だったりすると顔の印象は悪くなります。

もし欠けてしまったら直ぐに治療をした方が良いです。但し差し歯をする場合料金により色んな種類があります。例えば安価な差し歯を付けるとその部分だけが周りの歯の色と異なり不自然に見えます。

差し歯は歯の根が残っている部分に土台を作り被せる事が出来ますが、仮に根が残っていない場合は、インプラントすれば差し歯を作る事は可能です。

1本のみ差し歯を入れる時は、残りの歯との色合いに注意します。1本だけ白過ぎて浮いて見える事が多いので、なるべく自分の歯の色に合わせます。

 

費用は保険適用で作成できるものもありますが、数年経過すると黄ばんでくるし耐久性の金属より劣るので硬い物など食べるのには注意が必要です。

保険外にはなりますが、セラミック系は審美性や耐久性に優れています。ハイブリッドセラミックは金属を使用していないので、金属アレルギーの方も安心して使用出来ますが、レジンの部分の経年変色は避けられません。

オールセラミックは、着色や経年変化による変色もありません。既存の歯と同じ色合いで作成する事も可能で、歯茎の黒変などのトラブルもありません。

 

レジン素材とセラミック素材

極端に硬い物をかんでしまった時に前歯が欠けてしまったり、事故を起こして前歯が折れた経験のある方は、一般的な歯科クリニックで差し歯治療や歯の補強施術を受ける場合、保険診療内で受けられる素材を利用して治療を行う場合が大半です。

保険診療内で使用されているレジン素材は、治療したての時には歯に近い色味で目立ちにくいのですが、長期間利用しているとレジン素材が変色を起こして黄ばみやすくなり、治療をした部分が目立ちやすくなってしまうデメリットがあります。

そこで長期間使用しても綺麗な差し歯を維持する方法として人気になっているのが、オールセラミック素材を利用した差し歯やクラウンです。一般的なプラスチック製の差し歯に比べて変色に強く、イボクラールやジルコニアなどの高品質な素材を使用している審美歯科が圧倒的に多いので、保険診療外の自費治療となってしまいますが、仕上がりの良さから多くの方から人気の素材として選ばれています。

また金属アレルギーがある方などは、差し歯治療を行う際に金属が使用されていないか良く確認する必要がありますが、オールセラミックは一切金属を使用していない安全性の高い差し歯素材なので、どのような体質の方でも安心して利用することが出来ます。

 

芸能人のような真っ白で美しい歯

芸能人のような真っ白で美しい歯を手に入れたいと、普段からこまめに口内ケアを行うようにしている女性は少なくありません。

最近では歯の黄ばみなどを落としてくれるホワイトニング成分が配合されている歯磨き粉や、色素除去が行える電動歯ブラシなども販売されていますが、自分で行えるホワイトニングケアは勿論、歯科クリニックで行うホワイトニングケアも元々の歯本来の自然な白さしか取り戻すことが出来ないので、芸能人のような真っ白な歯に仕上げることはほぼ不可能なのです。

そこで綺麗な前歯を手に入れる方法として注目されているのが、前歯の上からかぶせるクラウン治療や差し歯を利用する方法です。

この差し歯には長期間使用しても劣化しにくい素材だとされている高品質のオールセラミックを利用することによって、変色しにくく耐久度も高い差し歯を利用することが出来るメリットがあります。

ただオールセラミック保険診療外の治療素材となりますので、施術を受ける場合は自費で治療を受ける必要があるので、前歯を一気に治療する場合は施術料金が高額になってしまう恐れがあることから、事前にクリニック情報をしっかり調べておくと施設ごとの費用の比較なども簡単に行えるようになります。

名古屋で前歯をオールセラミックにする費用が安いクリニック

ジャパンデンタルフロンティア

健康で美しい状態の歯を保つことは社会人としてマナーになっています。

歯が健康で丈夫であれば、食事をするときによくかみ砕くことができるので消化を助けることにもなりますし、美しければ会話をしている相手にも好感を抱いてもらうことができます。

 

前歯をオールセラミックにする

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516114444j:plain

毎日しっかり磨いていても、虫歯になったり、外からの衝撃で割れたり欠けたりしてしまうことがあります。治療をしても神経にまで虫歯や衝撃が届いていた場合、神経が死んでしまうので、歯が少しずつ黄ばんだり黒ずんでしまうことがあります。

そうなると歯そのものを白くすることは難しいので、色が変色してしまったり欠けた状態の歯を取り替えることをおすすめします。特に前歯は、人と会話をしていると目立つ部分なので、欠けていたり変色してしまうと、相手に不快感を与えてしまう可能性があります。

そこで傷んでしまった歯を入れ替えて、新しく美しい差し歯にする方法がとられています。

 

ただその場合、差し歯となる歯が、自然感じであることが求められています。いかにも差し歯だというのが目立つよりも、元々の歯と同じような自然な色合いや質感の歯が好まれています。

元々の歯とよく似た感じになるのが、オールセラミックです。今まで外側がセラミックで内側は金属の歯というのはよく使用されていましたが、そうなると歯茎が金属によって黒ずんでしまったり、金属アレルギーの人には適用できないということがありました。

しかしオールセラミックであれば、外側だけでなく内側もセラミックになっているので、歯茎が黒ずむこともなく、金属アレルギーを発症する心配もありません。またセラミックとは陶器のことなので、高温でゆっくり焼き上げて作られていることから、丈夫で変色しにくいという魅力があります。

元々の歯と同じような自然な美しい白さがあるので、オールセラミックの歯に取り替えても、違和感を感じることがありません。

費用

オールセラミックを使った治療は、健康保険が適用されませんから、歯そのものの値段だけでなく、治療にかかる費用全てが自己負担になってしまいます。

そのため今までオールセラミック治療を受けたくても、費用の問題で治療を諦める人が少なくありませんでした。

費用相場は自由診療オールセラミックは約8万から15万円程度になります。

自由診療オールセラミックの場合は保険が適用される場合より高額になりますが一本数万円から作る事ができます。セラミックは耐久性に優れている以外にも審美性がとても優れているので審美性を特に重要視する人は価格以上の価値があります。

差し歯の寿命は素材以外の点も適切な口腔ケアを行うと同時に歯に不要なダメージを与え無いと言う点も大きな影響を与えます。

しかし今では健康保険が適用されなくても、名古屋でオールセラミック治療を安い費用で提供しているクリニックが増えています。

 

名古屋でオールセラミックが安い歯科

ジャパンデンタルフロンティア

歯が1本につき相場の半額程度の料金になっている歯科もあり、従来の1本の治療費の値段で2本オールセラミックにできるほど安い価格になっているところもあります。

また技術費用が何本でも同じ定額制になっている歯科もあり、驚くほど安い費用で治療を行うことができます。

治療を受けるときは、カウンセリングを行ってから治療を受けることができるので安心ですし、費用に関しても明朗会計になっているので、後から追加料金が請求されることもありませんから安心です。

前歯が美しければ自信を持って笑顔になることができますから、安い費用で受けられる治療を検討することをおすすめします。

ceramic-white.com

 

差し歯について

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516120834j:plain

歯科医院で差し歯にしましょうと言われて、差し歯とは?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

差し歯とは、歯が欠けてしまったり虫歯の治療などで歯を削った後に、自分の歯の根っこに土台を装着して、かぶせ物をした歯のことです。土台には金属やプラスチック製のものを使用することが多いですが、グラスファイバーで作ることもあります。

その上にかぶせるかぶせ物の材質は、金属、金属にプラスチックを貼った高質レジン、セラミック、ジルコニアなどがあります。保険適用の差し歯はリーズナブルですが、セラミックなど高品質なものを求める方は自由診療で納得いくものを選ぶと良いでしょう。

差し歯は劣化していくため、10年程度で交換することが一般的です。歯は毎日使うものですし、材質や手入れ方法などによっても変わってくるため、もっと短くなることもあります。また、上手にケアをしていけば20年程度使うことも可能といわれています。

差し歯のつけ根が痛くなった時、欠けたり割れたりした時、差し歯や歯ぐきが変色してきた時、差し歯の土台が取れてしまった時は、交換のタイミングなので歯科医院に行きましょう。また、歯周病は自分のもともとの歯の土台にダメージを与えるため、差し歯にも影響が出てきます。定期的に歯科医院に行って、口腔内をチェックしてもらうようにしましょう。
虫歯が出来たり、歯の並びがガタガタだった場合でしたら、治療する必要が出てくるのですが、一般的に保険内適応で出来る治療というのは、入れ歯やブリッジとなってくるのですが、どうしても見栄えが悪くなってきますし、入れ歯の場合でしたら金属を使いますので、そういったのが苦手な人にとっては辛いものです。

ですが、基本的に自分の理想通りに歯を治療しようと思えば保険外治療となってしまい、その場合一般的には非常に高額の治療費がかかるというイメージとなっています。

保険外治療の値段は歯科によって違う

ですが、実はこれは歯科によって値段は全然違い、保険外治療の為自由に値段を決められるという事もあり、高額の治療費を請求する病院もあれば、必要最低限の治療費しか請求しない病院もあるので、歯科探しの際は一件だけを見て決めるのではなく、色々な医院をチェックする事が大事です。

保険外治療の場合一番オススメとなるのがオールセラミック製の差し歯で、オールセラミックは変色もしにくい上、凄く白いですので、他の歯と見比べても違和感がありませんし、金属アレルギーの人でも大丈夫なように、差し歯の部分に金属を一切使っていないのです。

 

セラミックのメリット

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516120925j:plain

セラミックのメリットとしては、まず、歯の寿命が長いという事が挙げられます。一般的な差し歯だと、プラスチックや金属を使用しているため、劣化が早くなってしまいます。

歯との接触面に隙間ができてしまうので、そこに食べ物などの汚れが蓄積し、虫歯を引き起こしてしまうこともあります。また、歯茎が黒ずんでしまったり、欠けてしまったりして、再度病院へ行かなければいけないという人も多くいるのが現実です。

その点、セラミックは強度があり、欠けたり劣化したりするスピードが遅いので、他の治療方法よりも寿命が長いと言うことができます。

セラミックは陶器でできているので、プラスチックと比べて細かい傷もつきにくく、変色しにくいです。

寿命

虫歯の治療などで、詰め物や被せ物をする場合に使用する素材にはいろいろあります。保険適用になるレジンや金属、保険適用外になるジルコニアやセラミックなどがありますが、その中でもセラミックはジルコニアに次いで高い強度があり寿命が長めです。

一般的にセラミックの寿命は10年くらいといわれているものの、20年使用し続けている人も8割程いるようです。

高い強度を持ち寿命が長いセラミックですが、それを左右する要因がいくつかあります。一つ目は、力の加わり方です。歯ぎしりや日常的に食いしばる癖がある人は、強い力が加わることになり強度が強いといわれるセラミックでも、削れてしまったり割れてしまったりすることがあります。

日常起きている時に食いしばりの癖がある人は、意識的に上下の歯を離すようにして就寝中に歯ぎしりがある人の場合は、マウスピースを使うなどして強い力がかからないようにすることがセラミックの寿命を延ばす上で重要になってきます。

二つ目は、普段のお手入れである歯磨きをしっかりすることです。これが不十分だと、歯周病になり歯茎に炎症をおこしてしまうことになります。そうなってくると土台の境目があらわになり、見た目に悪影響を及ぼして寿命を感じる人がいるようです。

他の種類だと硬質レジンで約8年・ジルコニアで約8年から10年程度です。セラミックは硬質レジンより耐久性が優れており寿命が優れている素材なので、オールセラミックの補綴物の寿命は管理方法を適切に行えば約20年程度使用できます。

歯茎を健康に保つことが大事

セラミックという素材を使用する以外にも寿命を延ばす方法があり、それは歯周病を予防する事です。

歯周病になってしまうと、歯茎が弱くなり支える土台自体に影響を与えます。従って、口腔ケアを適切に行って土台を守る必要があります。

 

注意!歯の根がなければオールセラミックにできません

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516115211j:plain

歯のない部分にする治療が差し歯治療だと思っている人がいますが、それは間違いです。歯というのは、歯茎の上にある見えている部分だけでなく、見えない部分に根っこの部分があり、顎の骨に支えられることで固定されています。

差し歯は、歯の上の部分だけが虫歯などでなくなってしまった場合に行う治療で、根っこに土台を作り、その上に差し歯を装着します。根っこまで失われてしまい、いわゆる歯が抜けた状態では、差し歯を行うことはできません。

差し歯の治療は虫歯などを削り、健康な歯の状態の部分にしてから行います。歯の神経がない状態でとてももろいので、歯が折れないようにするために土台を入れ、その上に差し歯を作るという治療です。

 

 

美しく強い歯を形成してくれるセラミック治療。芸能人やセレブの間ではよく行われてきた治療法ですが、最近では日本でも一般的に利用している人が増えている傾向にあります。

現在、セラミック治療を受けようかどうか悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか。このようにセラミックには多くのメリットがあります。歯の矯正をしたいという時や、白くしたいと考えたときには、セラミック治療という選択肢があるということを覚えておきましょう。

このようにオールセラミックの差し歯にすることで、失われた噛むという機能と、見た目という審美性を回復することができます。前歯だけでなく、奥歯でも歯を1本失うとその存在の大切さに気が付きます。差し歯にする際には、保険治療と保険外治療から選ぶことができますが、以上の理由からオールセラミックにするのがおすすめです。

ceramic-white.com

審美歯科治療は保険外になります

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516111825j:plain

前歯を整えるだけで、人のイメージはまったく変わってくるものです。

容姿というのは全体的なイメージから決まるので、歯に問題があるだけでも美しく見えないことが多いです。

差し歯はお手軽にできる治療法ですが、保険治療だと限界があります。値段が安い方法には、値段以外のデメリットが多いと考えてよいでしょう。安くて最高の治療があるなら、誰も高額治療を受ける方はいません。

 

審美歯科治療は保険外

審美歯科治療は保険外になりますが、それでも受けたいという方が大勢います。特に保険外の差し歯であるオールセラミックは人気が高く、遠方まで通院して治療を受ける方もいるほどです。前歯がキレイになるだけで、人と話すのが楽しくなることでしょう。

消極的で人前でうまく話せないという方は、意外と口元にコンプレックスを抱えていることが少なくありません。コンプレックスを解消するためにも、オールセラミックの差し歯をおすすめします。

値段は1本10万円以上が相場ですが、都市圏には安く治療をしてくれるクリニックもあります。最安値レベルと人気のJDFなら、1本47,000円でオールセラミックにすることができるでしょう。

歯列矯正にするよりもお手軽に、理想の口元を手に入れることができるのです。差し歯にはいろいろな種類があります。値段は種類によって違います。

 

オールセラミッククラウンがおすすめ

前歯を差し歯にしようと考えているなら、オールセラミッククラウンがおすすめです。オールセラミッククラウンとは、金属を使わずにセラミックだけで歯に被せ物をする事で、たくさんのメリットがあります。

オールセラミッククラウンは見た目を変える事が出来るセラミックで、綺麗な前歯になれば知的に見られます。自然な歯のように透明感を出せるのが良いです。

周りの歯の色に合わせたり、自分のしたい白さに出来ます。金属を使わないので歯茎が黒くならずに、金属アレルギーにもなりません。陶器の材料で出来ているので、色が変色したり劣化したりせず、長期間綺麗な状態が維持出来ます。

オールセラミックは歯科技工士が精度の高い調整や色付けをして作ります。その為、綺麗で自然なオールセラミッククラウンが出来ます。

治療期間は1本あたり2週間~1ヶ月程度です。神経の処置などが必要な場合は1ヶ月程度になります。本数や口腔状態によって変わるので確認しておくと良いです。

 

歯根が残っているなら

虫歯などで歯がひどい状態になっていても、歯根が残っていれば差し歯にすることが可能です。

差し歯とは、残っている歯根に土台を作って、その上にかぶせ物をする治療方法です。虫歯の部分を削り、神経を取り除いた後に、プラスチックや金属の土台を立て、人工の歯をかぶせていきます。

差し歯には、様々な種類があり、保険が適用される差し歯と、保険が適用されない差し歯に分かれます。最近は、日本でも歯の美しさに気を使う人が多くなり、審美歯科も増えています。歯並びを美しく見せるために差し歯にした人の中には、初めは保険の入れ歯にしたものの、後からセラミックに変更する人もいます。

 

すべてがセラミックのオールセラミッククラウンは、見た目が本来の自然な歯と変わらないため、多くの女性に選ばれています。差し歯の素材には様々な種類がありますが、セラミックは人気素材のひとつです。

オールセラミッククラウンには、いくつもメリットがあります。色を自由に選ぶことができるため、仕上がりがとても自然です。

また、金属を使っていないため、金属が溶けて歯茎が黒くなる心配もありません。金属にアレルギーがある人でもオールセラミッククラウンならば、安心して利用できます。

 

昔は高額なため手が出せなかった

オールセラミッククラウンというと、昔は高額なため手が届かないと諦めていた人も多かったのですが、最近は、企業努力によりお得な価格でオールセラミッククラウンを入れることが可能となっています。自由診療の場合、歯科クリニック側が自由に価格を設定できるため、費用が高くなりがちです。

しかし、コストを削減することで今までよりも安い費用でオールセラミッククラウンを入れることができるのです。価格は安くなっても品質は高いため、多くの人が利用しています。

 

日本で人気が高いオールセラミッククラウン

日本で人気が高いオールセラミッククラウンは、セラミックと呼ばれる陶器でできています。オールセラミッククラウンは、保険の適用がない自由診療となりますが、多くのメリットがあります。透明感があり、審美性が高く、ほとんど変色しません。

また、金属を一切使っていないため、金属アレルギーを起こす心配がありません。金属を使った差し歯を使っている場合、金属が溶け出して歯茎が黒ずんでしまうことがあるので注意が必要です。

最近はジルコニアクラウンも評価が高いです。ジルコニアクラウンは、中身にジルコニアを使い、表面はセラミックを貼り付けています。ジルコニアクラウンは、セラミックよりも強度が強いジルコニアを使ったクラウンなので、噛み合わせが強い場所にも使うことができます。