安い!名古屋のオールセラミック

名古屋でオールセラミック治療の費用が安い審美歯科についての

保険適用の差し歯にしてはいけない理由

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516120834j:plain

差し歯の治療をしなければいけなくなると保険適用の治療を受けたほうがお得なのではないかと感じてしまう方も少なくないでしょう。

しかしながら、保険適用の治療にはレジン製の差し歯が使われてしまうため、決してお得とは言えません。レジン製の難点はなんといっても変色しやすいところです。

 

保険適用の差し歯

奥歯の差し歯の治療ですと、保険適用のものであれば費用の負担を軽くすることができます。しかし、保険適用の差し歯治療というのは、レジン製のものが使われるので、すぐに変色して汚くなってしまうなどのマイナス点が出てきます。汚れやすく、あっという間に変色していきますので、しょっちゅうメンテナンスをする羽目になってしまいます。メンテナンスには別途のお金がかかりますから、治療自体の値段は安くても、総額はそれなりの金額になっていきます。

おまけにレジン製の差し歯は、見た目が少し不自然で、天然の歯に比べると違いがわかります。そのため、見た目に違和感が出てしまいますから、奥歯の治療であっても、保険適用のものではなく、セラミックの治療を受けたほうがいいでしょう。セラミックは普通の歯科クリニックで受けると、高額な費用がかかることで知られています。

おすすめの素材

奥歯を差し歯にする場合は、保険適用の治療ではなく、セラミックのほうが絶対におすすめです。

セラミックは保険がききませんが、陶器なので汚れにくいですし、金属などの素材も使われません。アレルギーの心配も一切ないので、天然の歯と同じような感覚で過ごすことが出来るようになります。メンテナンスにはお金がかからないため、費用の負担も結局はそれほど多くありません。

保険適用の治療を選択する方は現在でも結構多いのですが、金属などが使用されることもあるので、アレルギーを引き起こす可能性や、違和感を感じてしまうことがあるため、結局途中でセラミックの治療を受け直す人も少なくありません。

セラミックの治療は残念ながら保険適用ではないのですが、長い目で見れば断然お得な治療方法ですので、差し歯にする時はセラミックにしたほうがいいでしょう。一般的な歯科医院ですと、セラミックの治療費はかなり高いです。

JDFのセラミックを選択すると、本数が多いほど一般的な歯科医院より安く治療することができますので、ぜひ利用していただきたいです。全国各地でJDFが提携している歯科医院が存在するため、そこに通ってセラミック治療を受けてみましょう。技術料は一律25,000円ですので、何本治療してもこの金額は変わりません。また、JDFは被せ物、詰め物の治療も格安で提供しているので、利用しやすいです。

JDFのセラミック歯

JDFのセラミック歯

JDFのセラミック歯でしたら格安で治療を受けることが可能ですので、非常にお勧めです。JDFは、全国各地の歯科クリニックと提携しています。その提携しているクリニックに足を運び、JDFのセラミック治療を受けることで、どなたでも安く済ませることができますし、セラミックは品質も良いので、長く使い続けていくこともできます。レジン製のように変色する心配もほとんどないので、普通の歯と同じように生活できるところも魅力です。

JDFのセラミックを選択すれば、一般のクリニックで保険外のセラミック治療を受けるより安くすることが可能なので、是非試していただきたいです。JDFは技術料も一律で、差し歯の数が多くなっても料金は変わりません。

 

 

セラミック歯の治療期間

奥歯の差し歯を作りたいと考えた時、治療期間が気になるという人は多いでしょう。

奥歯の治療をしていて、差し歯にする必要があるときには治療期間はクリニックや神経の状態によっても異なります。

差し歯の場合、一般的に神経の治療を伴いますが、その治療は一度で終わるものではないため、数回通って行うのが一般的です。治療期間はクリニックの通院のペースによっても異なりますが、1か月に2回ほど通う場合は2か月程度で治療を終えることが出来ます。差し歯の本数やお口の中の状況により治療期間はそれぞれ異なるので、まずはカウンセリングを受けることから始めましょう。

差し歯の治療は、神経の治療の他に、型をとったり歯のかみ合わせをチェックするなどの工程をともないます。かみ合わせが合わない場合は作り直すといったこともありますので、その場合はもう少し期間を要します。

差し歯の治療では神経の治療は数回にわたって行われ、差し歯の調整にはいります。差し歯は健康保険を適用するとリーズナブルな価格でいれることができますし、色も自分の歯の色に合わせて作ってもらうことが出来ます。

より短い治療期間で直したいという方は、予約を取り易いクリニックに通うことで治療にかかる期間を縮めることが出来ます。適切な治療をすることで自分の歯と同じような感覚でものを噛むことが出来ますが、健康保険適用の治療の場合プラスチックが使われ、着色汚れが付きやすいため注意する必要があります。

早い場合は2週間

治療にかかる期間は、歯科医院や治療の仕方によって多少変わってくる事になりますが、早くても2週間から3週間は必要と考えておく事が大切です。

この期間は、順調に治療が進んだ場合の話であって、治療の状態によってはもう少し長い期間が必要になる事になります。ですから、治療を始める時には、少し余裕を持った期間を考えておく事が大切です。

そして、作った差し歯を長持ちさせる為には、定期的なメンテナンスをしていく事が大切です。差し歯を作って貰えば、そこで治療が終わりというイメージを持つ人もいますが、使っている間に不具合が出てくるという事も少なくない上、メンテナンスをするかどうかによって寿命が大きく変わってくる事になります。

ですから、歯が出来た時点が治療の終わりではなく、そこから更に歯科医院との付き合いが始まるという事をしっかりと意識しておく事が大切です。

オールセラミックはすべてがセラミックで作られた素材で、レジンのようなプラスチックの混ぜ物は入っていないため、色が変わりにくいのが特徴です。

JDFのオールセラミック義歯の治療費は、他院に比べると安いので、たとえすべての歯を治療しなければならなくても、それほどの負担にはならないでしょう。

前歯だけじゃない!奥歯をオールセラミックの差し歯にしよう

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516120834j:plain

奥歯はあまり人から見えないところに生えていますが、笑った時などに目立つという特徴があります。

奥歯の役割は物を噛むということで、食事の時には欠かすことが出来ません。その奥歯が虫歯になってしまったり、欠けてしまうと差し歯にする治療を受けなければいけません。

 

奥歯を差し歯に!素材の種類

奥歯の差し歯に使える種類はいくつかあり、保険治療でも作ることが可能です。保険では、金属を使った、いわゆる銀歯の差し歯を使います。金属なので強度はありますが、銀色なのでお口の中で目立ってしまいきれいとは言うことができません。保険外であれば、白い材料を使って作ることができます。

白い材料は、プラスチック、セラミック、ジルコニアという3種類から選ぶことができます。プラスチックは安価ですが割れやすく、変色の可能性も高いです。セラミックは強度も問題なく、透明感のある白さが特徴的です。ジルコニアというのは人工ダイヤモンドのことで、セラミックより美しい質感と強度を併せ持っています。

奥歯というのは、噛む力に耐えるだけでなく、見た目もきれいにしたいと多くの人が考えるでしょう。差し歯の種類は、噛み合わせなども考慮する必要があり、希望したものが使えないこともあります。

奥歯の差し歯には高い強度が必要

差し歯は前歯だけでなはく奥歯にも可能ですが、奥歯は噛む力が60キロ程度かかるといわれており、その重さに耐えられるような強度も必要になります。

奥歯は大臼歯と小臼歯の2種類があり、セラミックやハイブリッドセラミックでの治療が可能です。奥歯をセラミックなどで治療すると、周りの歯を同じ白い色のため治療跡がわかりにくく見た目も美しくなります。

また、セラミックは陶器でできているため歯ブラシやデンタルフロスで汚れが落ちやすく、口の中を清潔な状態に保つ事が出来ます。口の中の水分や温度といった激しい環境の中でも劣化を起こしにくく、セラミックと歯の隙間から虫歯になりにくい治療方法でもあります。

奥歯には想像以上の力がかかりますが、セラミックの中でもジルコニアセラミックは強度が強いため、壊れにくいという特徴があります。大臼歯には自分と同じくらいの体重がかかるとも言われており、歯ぎしりやかみ合わせが強い方だと通常のセラミックだと割れてしまう可能性があるため、そういった方には特にジルコニアセラミックがおすすめです。強度が強い分、透明感はなくなりますが金属より軽くできており身体に優しく、かみ合わせの力が一番かかる奥歯に最適な治療方法と言えるでしょう。

種類ごとに寿命も違う

歯がなくなった部分に歯を取り戻す事が出来れば良い、噛む事が出来れば良いと考える人は少なくありませんが、歯の素材によって寿命が変わってきます。

最も寿命が短いとされるのが、プラスチックや金属の歯で、約7年程度で新しい歯との交換を考える事になります。セラミックの歯の場合、10年程度使えるといわれますが、衝撃を与えると破損をする事も多く、使い方によって寿命が変わってくる事になります。それに対して、同じセラミックでも、芯の部分に人工ダイヤモンドとして有名なジルコニアを使った歯であれば、しっかりとした強度も兼ね備えており、10年以上使える可能性が高くなります。

寿命が来た場合、また歯を交換する事になり、その際には費用がかかる事になります。少しでもその費用を抑えたいと考えるのであれば、歯ぎしりをしないようにしておく、差し歯が良い状態で安定するように歯周病予防をしておく等、出来る事をしっかりとしておく事が大切です。それによって、寿命が大きく変わってくる事になります。差し歯には寿命があり、素材の種類や使い方によってその寿命は大きく変わってくる事になります。

 

保険が適用される安い差し歯

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516114444j:plain

奥歯の差し歯治療を受ける必要がある時に、少しでも費用の負担を少なくしたいと考えることは当然のことです。

最も安い値段の差し歯治療といったら、やはり保険が適用されるレジン製の差し歯でしょう。どなたでもかなり安い値段で治療することができるので、レジン製を選択するケースも少なくないのですが、あまり質が良くありませんので、結局セラミックに変える人もたくさんいらっしゃいます。

レジン製の差し歯というのは、とにかく色が変わりやすいため、メンテナンスにそれなりの費用がかかります。おまけにメタルボンドのような金属製のものが使われることがあり、アレルギーの心配もあるので、レジン製の差し歯は非常に安い値段で治療することができるのですが、さまざまな難点があるのでセラミックのほうがメリットが大きいです。

例えばレジン製は変色しやすいので、毎日使っていくうちにどんどん色が汚くなっていきます。そうなるとメンテナンスにお金がかかるようになるので、保険が適用されるとはいっても、それなりに費用がかかってしまいます。金属アレルギーを引き起こす可能性が高い素材が使われることもあるので、この点も注意していただきたいです。

一方セラミックはこうした問題が一切ありません。変色しにくい陶器を使用しており、天然の歯と同じように毎日のセルフケアだけで十分綺麗に保つことができます。さらに、アレルギーの可能性がある素材は使われることがないので、どなたでも安心して使い続けていくことが可能となっています。

 

 

オールセラミックは高い?

差し歯の治療を受けなければいけないけれど、治療費の負担が大きくなってしまうのではないかと不安になってしまう方は決して少なくありません。治療費の負担を減らしたい場合、プラスチック製の差し歯治療を選択する方がいらっしゃいますが、これは値段が安くなるだけで、メンテナンスも大変ですし、結局総額は大きくなってしまいますから、あまり良い方法とは言えないでしょう。

人によっては、途中でセラミックの治療を受け直すこともあります。それほど質が良くないですから、保険は適用されませんが、最初からセラミックの差し歯治療を受けた方がいいかもしれません。

セラミックなら、陶器でできているのでプラスチックのようにすぐに変色するようなことは絶対にありません。天然の歯と同じく、毎日きちんとセルフケアを続けていけば、メンテナンスに高額な費用がかかるようなこともないですし、結果的にはセラミックのほうがお得になります。

とは言え、セラミックは一般クリニックで治療を受けると、金額が高くなってしまうのも事実です。保険は適用されませんし、セラミックの治療を受けるのは厳しいという方もいらっしゃるでしょう。

そこで試していただきたいのは、JDFのセラミック治療です。一般クリニックで6本治療をする場合、JDFで治療を受けた場合との差額はなんと50万近いです。これほど安くセラミック治療が受けられるので、おすすめです。

ceramic-white.com

奥歯もセラミックにする人が増えている

f:id:nagoyaallcerayasui:20170516120925j:plain

奥歯が虫歯になった場合、あまり深く考えずに銀歯を入れてもらう人も少なくありません。

銀歯は保険適用で治療費が安いのがメリットといえますが、口の中に銀歯があるとコンプレックスに感じてしまう可能性があります。

 

奥歯もセラミックにする人が増えている

現在は、差し歯でも使用されることの多いセラミックを奥歯に詰めてもらう方が増えています。天然の歯のように白く美しいため、銀歯にコンプレックスを持っている方にはとてもおすすめです。

セラミックにもいくつか種類がありますが、オールセラミッククラウンは最も美しい被せものといえるでしょう。ただ、奥歯は負担がかかりやすいため、通常のオールセラミックの場合は割れてしまうリスクがあります。

このようなリスクを避けたい場合は、ジルコニアというセラミッククラウンを選択するのがおすすめです。

ジルコニアセラミッククラウン

通常のオールセラミックよりも強度があるので、奥歯の詰め物としても安心して使用できます。審美治療は値段が高くなるのが難点といえますが、ジャパンデンタルフロンティアと提携している歯科クリニックならとても安い値段で奥歯もジルコニアにしてもらうことが可能です。名古屋のクリニックですので、愛知県内からでも通えそうな方は検討してみることをおすすめします。

奥歯を差し歯にしなければいけなくなってしまった時、値段のことで不安になってしまう人はとても多いです。差し歯の治療費を少なくするため、保険適用の方法を選択する人もいらっしゃるのですが、実はあまり良い方法とは言えません。

レジン製の義歯

保険が適用される差し歯というと、レジン製の義歯が使用されます。

レジン製ということは、簡単に言ってしまえばプラスチックですので、天然の歯のようには見えず、明らかに義歯であることがわかるような見た目になります。また、非常に変色しやすいといった難点があり、メンテナンスにお金がかかるところがネックです。

こうした問題がありますから、治療するならセラミックを選択したほうがいいです。

虫歯で奥歯を抜き、差し歯にしなければいけなくなってしまったとか、何らかの理由で差し歯にする人は結構多いですが、通常の治療とは違い値段が高くなってしまうところがネックでしょう。

保険が適用される方法でしたら、治療費の負担額を減らすこともできるのですが、その場合はプラスチック製の差し歯が使われるケースが多く、問題点が色々と出てくるようになります。

奥歯は人に見えにくい場所ではあるのですが、やはり口を大きくあけて笑った瞬間などには見えやすいので、プラスチック製の差し歯はおすすめできません。この他にもいろんな問題があるので、治療をするならセラミックがベストです。

 

セラミックは保険適用外

セラミックは保険がきかないので、通常の歯科クリニックで治療を受けてしまうと、値段がとても高くなります。しかし、JDFのように格安でセラミックの治療を提供しているクリニックを選ぶと、非常にお得な治療が受けられるようになりますからおすすめです。

値段が安くても、JDFのセラミックは品質が良いです。技術料は一律たったの25,000円で、何本治療してもこの金額は変わらないので、お得にセラミックにできるJDFを検討してみることをおすすめします。

ceramic-white.com

差し歯の寿命

前歯の大切さは、人からの印象などもありやはり清潔な自分の歯を守ると言った部分で考えるととても重要となります。

しかしやむ終えず前歯を差し歯にすると言った人も少なくない状況であり、折れてしまったり虫歯になってしまうと言った状況で大人の歯を失えば自ずと差し歯にしなければいけない状況となります。

差し歯の寿命

差し歯がどの位寿命があるのかを考えて見れば、平均的に10年程度の物となってしまいます。

セラミック素材やジルコニアであれば10年以上持つものもありますが、やはりそれでも寿命が来ると入れ替えなければいけないと言った状況となる為、差し歯にしたから一生それで手入れをすればよいと言った状況ともなりません。

金属製のものは金属の劣化やプラスチック製のものであれば変色と言った差し歯の寿命を迎える事が考えられます。

それぞれコストの高いものから色々とその寿命を長くする事が出来るなど、コストを考えながら手入れなどから少しでも長いスパンで差し歯を持たせる事も考えられます。

まずはそう言った事を踏まえながら、どんな歯を入れていくのかなど保険治療が出来ないセラミックやジルコニアなどはそれぞれ寿命は長くコストはかかりますがしっかりとした歯を入れる事が出来ます。

前歯の印象

前歯は少し口を開いただけで見えてしまいその人の第一印象を大きく変えてしまう大事な部分です。

一般的には前歯は真ん中から3番目の犬歯までのことをいいますが、口を開いた時に見える上下12本の歯は特に綺麗にしておく必要があります。

前歯が虫歯や欠けてしまったときに行う治療法の1つに差し歯があります。差し歯とは虫歯や欠けてしまった部分を削って、汚れなどをとった綺麗にした歯の根元に金属やプラスチック等の土台を入れてそこに人工の歯(クラウン)を被せる方法です。

差しには金属、硬質レジン、セラミック、ジルコニアなど色々な材料があります。

それぞれに寿命が違っていて金属・硬質レジンはたった数年で歯の変色や歯茎の黒ずみが見られます。

セラミック・ジルコニアの寿命は10年ほどが平均とされていますが、それ以上もつこともよくあります。またセラミック素材は変色を起こさないため、差し歯の寿命を延ばす方法として予算に余裕があればオールセラミックにすることが一番でしょう。

オールセラミック

オールセラミックは汚れがつきにくいだけでなく変色もしにくいです。それに見た目にも本物の歯と変わらない色合いや質感が出せます。

他にはプラークコントロールを徹底することです。差し歯にしたからといって歯磨きをおろそかにすれば土台は自分の歯でできているので歯周病などで結果的に差し歯の寿命を短くしてしまいます。あとは歯に負担のかかる行為も厳禁です。

変な噛み癖はできるだけしないようにして歯ぎしり対策として寝る時はマウスピースをするといいです。

虫歯になった前歯

虫歯になった前歯を保険の差し歯にする方はとても多いですが、経年劣化による着色が目立って汚く見えてしまう点が難点といえるでしょう。

治療費をできるだけ抑えて綺麗な差し歯を作ってもらいたい場合は、ジャパンデンタルフロンティアについて調べてみることをおすすめします。

ジャパンデンタルフロンティア(JDF)はセラミックのような審美治療で使われる人工歯をクリニックに提供しています。

現在、審美歯科はとても多いですが、セラミック治療は高額になりやすいため敬遠している方は少なくないでしょう。JDFは業界随一の安い値段でセラミックをクリニックに提供しているので治療費がとてもお得になります。

JDFの提携クリニックは現在東京、大阪、名古屋にあります。交通費を考慮しても経済的負担を軽くしながら憧れのオールセラミックにすることができます。また、奥歯の詰め物にジルコニアを選択する方も増えています。

ジルコニアはセラミックの中でも強度がある歯なので、奥歯のクラウンとして使用しても破損するリスクは低く、安心して使用していくことが可能です。

セラミックの審美的な寿命はとても長く、しっかりとメンテナンスを続けていけば、まるで天然の歯のように生涯快適に使っていくことができるでしょう。

保険適用の差し歯と適用外のもの

前歯を差し歯にする場合は、費用がとても気になる人が多いです。

保険適用の材質ならば、比較的安い費用ですみますが、保険適用外の材質を使用すると費用もかなり高額になってしまいます。

保険適用の差し歯

保険適用の差し歯はプラスチックを使いますが、安く治療ができる代わりに変色しやすいのでメンテナンスが面倒になります。

保険適用のプラスチックだと口の中の安定性が悪く、隙間から虫歯になるケースもあります。最近は保険適用外ですが、差し歯にオールセラミックを使う歯医者も多いです。

セラミック

オールセラミックはすべてセラミックの材質を使うので、変色や金属アレルギーになりにくいです。口の中で安定しているので、虫歯になりにくく口臭に悩まされることが無くなるのも特徴です。

オールセラミックは耐久性に優れているだけでなく、審美性にも優れています。天然の歯と変わらぬ色にできるので、前歯を差し歯にしたことを気付かれずにすみます。オールセラミックは個人個人にあわせた色や形に修正することもできるので、歯にコンプレックスがある人には最も適した材質といえます。

保険適用外なので費用が気になる人も多いですが、最近はかなり格安料金でオールセラミックにできる歯医者もあるので、比較して探すといいでしょう。

費用負担

最近では、できるだけ安い費用負担で満足のいく白い歯や綺麗な歯並びを手に入れたいと切望している人が多く見られます。

そんな人々から熱狂的な支持を受けているのが、オールセラミック治療なのです。前歯は周囲の人の視線が気になる目立つ場所です。そのため、白く輝くような差し歯に何とかして変えたいと望む人が多いのです。

保険適用外のセラミッククラウンは高額なのではないかと不安を感じる人も少なくありません。しかし、歯科医によっては非常にお得な料金で品質の良いセラミッククラウンに変えることが可能なのです。

歯科医によっては非常にお得

気になる前歯を一本セラミック素材の差し歯にするだけで、驚くほど明るく清潔な印象を与えることにつながります。

保険適用と遜色ないほどの費用負担で心から満足できる口もとに変身できると、絶大な信頼を寄せられています。安全性も高く、頑強なセラミッククラウンは、あらゆる世代の患者から絶大な人気を集めているのです。

クオリティが高く誰でも安心して任せられる技工士手作りのクラウンは、いつまでも長く使い続けていきたいと望まれています。痛みや違和感もなく、外見をより一層輝かせてくれる素晴らしい治療アイテムとして選ばれているのです。

審美治療を検討

保険適用の差し歯にしたことを後悔している場合は審美治療を検討すると良いでしょう。基本的に審美治療は保険適用外になるため治療費は高くなりますが、口元をコンプレックスに感じることはなくなります。

保険外治療で入れてもらえる差し歯の中で、最も人気があるのはオールセラミックです。表も裏も綺麗な白色なので、天然の歯と見分けがつかないほど綺麗で自然な人工歯です。

また、前歯の歯並びが悪いことを気にしている方でも、セラミック矯正を行うことで素早く歯並びのコンプレックスを解消することが可能です。

オールセラミックは美しい歯ですが、費用が高額になるのが難点といえるでしょう。現在は日本全国にたくさんの歯科クリニックがありますが、オールセラミック治療はどこで治療を受けても高額になりがちです。

しかし、ジャパンデンタルフロンティアと提携しているクリニックで治療を受ければ、かなりお得にオールセラミックの歯にしてもらうことが可能です。

ジャパンデンタルフロンティアの提携クリニックは東京や大阪、名古屋にあります。地元の歯医者さんでセラミック治療を受けるよりも、交通費を出して最寄の提携クリニックで治療を受けた方が、費用の負担は軽くなるでしょう。

nagoyaallcerayasui.hatenablog.com

 

特に前歯は目立つ

どんなに美男美女でも、歯並びが悪いと顔の印象が悪くなります。特に前歯は目立つので、綺麗に治したいと思う人は多いでしょう。

治す方法はいくつかあり、まず有名なのは歯列矯正ですが、これは歯に器具を装着して歯並びを治していき自分の歯をそのままの状態で整えていくので、歯を長持ちさせることができますが、治療は保険適用ではないので高額な費用が必要になります。

歯科で自由に値段設定ができるため、その相場は80~120万円ほどです。また、器具を装着する期間は2~3年なので身体的な負担もあります。

それに対してセラミック矯正は、治したい歯を削って人工ダイアモンドの成分でできたジルコニアなどのセラミック製の義歯を被せます。

セラミックは歯本来の色と同じような色をしているので、着けても違和感がありません。こちらも保険適用外のため自費負担ですが、1本数万円~10万円でできるため利用しやすくなっています。デメリットとしては土台の歯を削るので歯に負担がかかったり、虫歯になったら被せものを外さなければいけないので手間がかかります。

ですがその見た目の美しさから高い治療費を支払ってでもセラミックにする人が増えています。

治療期間と審美歯科治療のメリット

前歯の色が着色したり、欠けたり、年齢とともに悩みを抱えている人も多いでしょう。

前歯の治療は、保険が適用されない、高いというイメージを持っている人も多いです。最近では、セラミックの歯が主流になってきたので、保険が適用されて治療できるクリニックも多くなりました。

歯の治療

歯の治療は、治療したい歯を削って、土台を作り、型をとり、差し歯を作ることになります。治療期間は、クリニックによってもさまざまです。予約が取りやすい歯科では、治療の進み具合も早いです。こまめに通える時間のある人は、1か月から2か月以内で終えることもあります。

型をとってから、差し歯が出来上がってくるまで、技工所にお願いしているクリニックも多いので、出来上がってくるまでに10日程かかることもあります。土台作りまでの治療を早く終えることで、治療期間も早く終わらせることができます。

前歯の治療は、新しい差し歯を入れるまでに、ないと困りますが、代わりの仮歯を作ってもらうことができるので、安心です。前歯を差し歯にすることで、白い歯を保つことができて、メンテナンスも楽になります。見た目もキレイで、長持ちするので、一度セラミックの差し歯にすることで、経済的にも安く済ませることができます。

少しでも歯を綺麗に保つためにも、こまめに歯磨きを行ったりホワイトニングケアが行える歯磨き粉や電動歯ブラシを利用して口内ケアを行っている方は増えてきています。

しかし普段から喫煙をする習慣があったり、ワインやコーヒー、お茶など色素汚れが付着しやすい飲み物や食べ物を食べていると、しっかり歯磨きをしていても歯が黄ばみやすくなってしまうのです。

審美歯科治療のメリット

そこで審美歯科などを利用してホワイトニング治療や歯のクリーニングを行う方法もありますが、一時的に綺麗にすることが出来る上に、本来の歯の白さにしかすることが出来ないので、芸能人の歯のような真っ白な状態にするには前歯など人から見えやすい部位を中心に差し歯やクラウン治療を受ける必要があります。

歯が健康な場合は上からかぶせるクラウンにすることで、歯の表面を歯の素材に近いオールセラミックに変える事で真っ白な歯を手に入れることができますし、歯が折れたり欠けたりした場合にはオールセラミックの差し歯に切り替えることで元の歯以上に真っ白な美しい状態に仕上げることが出来ます。

治療期間は審美歯科によって異なりますが、だいたい診察や、歯型、治療などを含めて4回クリニックに通うことで治療をある程度完了させることが出来ます。

欠けてしまったり、黄ばみや汚れが落ちなかったりなどのさまざまな理由で、前歯を差し歯にしようと考えているという方も多いと思いますが、差し歯のメリットとしては白くきれいな歯に生まれ変わることができたり、もともと生えている歯とあまり変わらない見た目のため、自然な仕上がりにできるということが挙げられます。 差し歯の種類は、全てセラミックでできているものから、金属のフレームにセラミックを貼り付けたもの、金属にプラスチックを貼り付けたものなど、さまざまな種類があります。

値段や治療期間、強度などがそれぞれ異なってくるため、自分に合った治療方法を選びましょう。差歯の治療期間は、一般的には1ヶ月から3ヶ月程度と言われています。

施術内容によって細かく異なってきますが、余裕を持ってスケジュールを組むと良いでしょう。健康な歯がある程度残っている場合と、神経まで進んでいる虫歯などで神経を取る必要がある場合とでは、治療期間も異なってきます。

そのため、治療を始める際に、医師にしっかりと診療してもらって、カウンセリングをしておきましょう。人によって治療期間は違ってくるので、医師と話し合った上で差し歯を入れるかどうか決定するようにすると良いです。

治療期間

前歯をなくし、差し歯を作る場合、最初にしっかりと確認しておきたいのが、治療期間です。

前歯の場合、口を開けた時に見えるだけに、少しでも早く綺麗な歯を入れておきたいと考える人は少なくありませんが、差し歯ができるまで早くても2週間から3週間程度必要になる事が一般的です。

その間は、仮歯を入れておく事になる為、遠目に見た場合は、歯があるように見えますが、仮歯の間は近くで見ると違和感があるのではないかと、不安を感じてしまう事は少なくありません。その為、少しでも早く綺麗な歯を入れたいと考える人は多くいますが、これから先、長く使っていく歯を作る為には時間も必要です。

そして、その歯がしっかりと合うように調整も必要になってきます。ですから、前歯の場合、少しでも早く良い歯を入れたいという気持ちが先走る事は少なくありませんが、時間をかけて良い歯を作っていく事が大切です。

実際に必要な期間は、歯科医院や歯の状態によって大きく異なりますが、良い状態で落ち着くまでには1ヶ月はかかると考えておく事がおすすめです。焦らずに良い歯を作っていく事で、長く良い状態を維持しやすくなります。そして、歯が出来た後には、定期的なメンテナンスを繰り返す事も重要になってきます。

芸能人のような真っ白で美しい歯にする

前歯を差し歯にするなら、審美性・耐久性に優れたセラミックをおすすめします。歯のコンプレックスというのは、そのままにしておいて解決しません。解決させるためには、美しく整えるしかないのです。

 

出っ歯、着色、歯並びなどのコンプレックス

出っ歯、着色、歯並びなどのコンプレックスは、オールセラミックによる差し歯ですべて解決できます。自費診療は高額になるものですが、今はセラミックの治療が安くなってきています。

JDFという審美歯科は特に安く、1本47,000円という格安を実現しているのです。歯列矯正には時間がかかるし、金属歯はアレルギーが心配になるなど、保険治療で解決できない問題もOKです。

 

セラミック差し歯にすることで、生活の質が一気に向上するでしょう。食事が美味しくなるだけでなく、美意識も確実に高まるはずです。最初は二重施術や鼻整形を考える方が少なくありませんが、美容整形で一番コスパのよいのは口元の施術だと言われています。

口元を治すことで一気に容姿が変わりますから、最初に治療をするなら歯と考えておきましょう。差し歯は一生にわたって使うものだからこそ、安さよりもコスパで選びたいものです。多少高額でも長く使えるなら、結果的に安くなるわけです。JDFのセラミックは100%陶器なので、金属が溶け出す心配はありません。

 

前歯は見た目の印象を大きく変える

前歯は見た目の印象を大きく変えます。前歯が欠けていたり虫歯だったりすると顔の印象は悪くなります。

もし欠けてしまったら直ぐに治療をした方が良いです。但し差し歯をする場合料金により色んな種類があります。例えば安価な差し歯を付けるとその部分だけが周りの歯の色と異なり不自然に見えます。

差し歯は歯の根が残っている部分に土台を作り被せる事が出来ますが、仮に根が残っていない場合は、インプラントすれば差し歯を作る事は可能です。

1本のみ差し歯を入れる時は、残りの歯との色合いに注意します。1本だけ白過ぎて浮いて見える事が多いので、なるべく自分の歯の色に合わせます。

 

費用は保険適用で作成できるものもありますが、数年経過すると黄ばんでくるし耐久性の金属より劣るので硬い物など食べるのには注意が必要です。

保険外にはなりますが、セラミック系は審美性や耐久性に優れています。ハイブリッドセラミックは金属を使用していないので、金属アレルギーの方も安心して使用出来ますが、レジンの部分の経年変色は避けられません。

オールセラミックは、着色や経年変化による変色もありません。既存の歯と同じ色合いで作成する事も可能で、歯茎の黒変などのトラブルもありません。

 

レジン素材とセラミック素材

極端に硬い物をかんでしまった時に前歯が欠けてしまったり、事故を起こして前歯が折れた経験のある方は、一般的な歯科クリニックで差し歯治療や歯の補強施術を受ける場合、保険診療内で受けられる素材を利用して治療を行う場合が大半です。

保険診療内で使用されているレジン素材は、治療したての時には歯に近い色味で目立ちにくいのですが、長期間利用しているとレジン素材が変色を起こして黄ばみやすくなり、治療をした部分が目立ちやすくなってしまうデメリットがあります。

そこで長期間使用しても綺麗な差し歯を維持する方法として人気になっているのが、オールセラミック素材を利用した差し歯やクラウンです。一般的なプラスチック製の差し歯に比べて変色に強く、イボクラールやジルコニアなどの高品質な素材を使用している審美歯科が圧倒的に多いので、保険診療外の自費治療となってしまいますが、仕上がりの良さから多くの方から人気の素材として選ばれています。

また金属アレルギーがある方などは、差し歯治療を行う際に金属が使用されていないか良く確認する必要がありますが、オールセラミックは一切金属を使用していない安全性の高い差し歯素材なので、どのような体質の方でも安心して利用することが出来ます。

 

芸能人のような真っ白で美しい歯

芸能人のような真っ白で美しい歯を手に入れたいと、普段からこまめに口内ケアを行うようにしている女性は少なくありません。

最近では歯の黄ばみなどを落としてくれるホワイトニング成分が配合されている歯磨き粉や、色素除去が行える電動歯ブラシなども販売されていますが、自分で行えるホワイトニングケアは勿論、歯科クリニックで行うホワイトニングケアも元々の歯本来の自然な白さしか取り戻すことが出来ないので、芸能人のような真っ白な歯に仕上げることはほぼ不可能なのです。

そこで綺麗な前歯を手に入れる方法として注目されているのが、前歯の上からかぶせるクラウン治療や差し歯を利用する方法です。

この差し歯には長期間使用しても劣化しにくい素材だとされている高品質のオールセラミックを利用することによって、変色しにくく耐久度も高い差し歯を利用することが出来るメリットがあります。

ただオールセラミック保険診療外の治療素材となりますので、施術を受ける場合は自費で治療を受ける必要があるので、前歯を一気に治療する場合は施術料金が高額になってしまう恐れがあることから、事前にクリニック情報をしっかり調べておくと施設ごとの費用の比較なども簡単に行えるようになります。